レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



★★★★★文末にプレゼントのお知らせがあります★★★★★

福建省から移住した中国人の子孫が多くいるシンガポール。

日本では福建省と言えばウーロン茶それも鉄観音だがここでは勝手が違う。

ウーロン茶と鉄観音茶は違うものらしい。僕はこの違いを最初は単にクオリティの差と理解していたが(例:和牛と松坂牛)中国福建省からの移民の子孫は全然別のものとして扱っているかに見える。

「テッカンオンはテッカンオンだ。ウーロン茶とは違う。」

送別会のために訪れた中華料理店でそんな彼らの話を聞いているとそれがカシミヤとウールぐらいの差があるような気がしてきた。

ホッケンミー

僕が好きなフライドホッケンミーはシンガポール名物料理のひとつ。日本のソース焼きそばに使うような太めの麺を肉、海鮮などと炒めた塩そばだ。ホーカーズセンターと呼ばれる屋台村で食べることが出来る。店によっては2種類の麺をまぜて作り、炒める最中にスープをたくさん入れるので出来上がりは「とろみを帯びた海鮮塩そば」といった感じだ。

日本の中華料理店では麺をかりかりに揚げてあんかけにすることが多いがこの料理はスープと一緒に炒めて「とろっ」としていてそれがまた庶民的な感じがして良い。

今日はこのフライドホッケンミーを作ってみた。

この料理を彼らは最初のフライドの部分をはずして「ホッケンミー」と呼ぶ。

福建の「ミー(麺)」という意味だから全く正しい。だが僕にはそれが「ホッケンミン(福建の民)」に聞こえてしまう。

彼らの先祖に何が起ったか僕は知らないが、このトロトロ麺を食べるたびに彼らの先祖が福建省から持ち込んだのではなく、この地にたどり着いてから今の形になったのではないかと思う。

箸置き
鍋を振る
ホッケンミー2
海老、イカは最初にサッと炒めて取り分けておく。油を敷いたフライパンに豚肉、モヤシ、にんにくのみじん切り、麺、清酒の順に入れて炒める。

塩コショウ、中華スープで味を調整しながら最初に炒めた海老、イカを戻し最後にわけぎを入れる。

ライムを添えるのがシンガポール流。

シンガポールは驚くほど速いスピードで異文化を融合する。そのまま吸収することはまず無い。必ず彼らなりの解釈を加えて形を変え最も合理的な形で取り入れてしまう。その顕著な例が英語だ。

サンドウィッチスタンドで「トマト以外の野菜は全部入れて欲しい」という事を表現するのにネイティブスピーカーなら何通りもの言い回しがある。だがシンガポーリアンは一様に「ノォートマト」の一言で片付けてしまう。というよりその表現しか知らない、知る必要もない、なぜならこの東京都の面積ほどの小さな島で皆で「ノォートマト」で通せば何も他の表現を知る必要はないのだ。

タクシーに乗った時にこんな事もあった。そのドライバーは以前東京に旅行したついでに横浜の中華街にも行ったと言う。僕は意地悪な質問をしてみた。

「ロンドン、ニューヨーク、パリ、世界の主要都市にはいずれも中華街があるが、なぜ東京には無くてなぜ横浜なんだろう?」

彼は「横浜には港があるだろ、だから中国人が入って来れたんだよ。」と、そんな事もわからないのかと言いたげに答えた。

やれやれ。彼の論理は横浜に中華街が出来た理由にはなっているが、なぜ同じように港のある東京には無いのかという答えには全くなっていない。反論しようと思ったがやめることにした。彼らにとって東京に中華街が無い理由を探す必要などないのだ。もし僕が反論したらきっと彼はこう言うだろう。「だって実際に東京には無いだろう」と...

不必要なものはそぎ落とす合理性。この3年間で僕はそんな彼らの合理性にうんざりした事が何度もあった。時にはこの国を出て行こうと思った事さえあった。

だが実際に出て行く事が決まると逆に彼らの生き方がうらやましく思えてきた。そしてまた戻ってきて今度は彼らがぐうの音も出ないくらい論破してやろうと思った。たとえそれが無理だとわかっていても...

僕は自分が料理ができて本当に良かったと思う。

日本に帰ってもこのホッケンミーを料理してシンガポールを思い出して次回は彼らをどうやってギャフンと言わせてやろうかと思いをはせる事が出来るから...

桂花陳酒

★★★★★ブログ仲間の皆さんへ応援感謝プレゼント企画★★★★★

3年間のシンガポール生活を終え日本に帰国する事になりました。
日ごろの応援に感謝を込めまして抽選で3名様に「アジアン味覚セット」をプレゼントいたします。

応募資格: 2007年11月16日までに「レシピ気ままにSelfish」に2回以上コメントを残してくださった方

応募方法: 『アジアン味覚セット希望』とご明記の上、 ハンドル名を入れてコメント欄よりご応募ください。 
★この時点で、氏名・住所・メールアドレス等の個人情報はご記入頂く必要はありません★

応募締切日: 2007年12月10日

当選発表: ブログ上にて当選者様のハンドル名を発表します。その後、当選された方と直接やりとりをさせていただきます。

当選された方には宅配便にて発送予定のため、住所、氏名、電話番号等の個人情報をお知らせいただいて差し支えない方に限ります(個人情報を第三者に提供することはありません)、また、当方の個人情報も同様の扱いを下さいます方に限らせていただきます。

それでは皆さんどしどしご応募ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ってみました...インドカレー。ずっと前にインドカレーは宇宙だという記事を載せましたが、調理してみてわかりました。「はい、これがインドカレーだよ。」という典型的なインドカレーは存在しないという事(この事は後の方で述べますが)。千差万別なんです。

かといって「これがCuisine特製インドカレー」というオンリーワンというのもしっくり来ない。

 今日Cuisineがつくったインドカレー はたまたまこんな味でした。

っというのが最も近い表現かもしれません。

インドカレー2

人気ブログランキング

[◆一期一会のインドカレー]の続きを読む

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



シゴレン。それは簡単に言ってしまうと南国のチャーハン。そのまま作ると中華料理のチャーハンになってしまうところをいかにナシゴレンにするか?それが今日のテーマです。

今日の料理は 魅惑のナシゴレン です。

ナシゴレン

話は変わりますが、これから旅に出ます。アンコール・ワットに行ってくるです。それもアマンサラに泊まってきます。GW前に調子こいてます(シンガポールはGW関係ないけど)。

それではチャーハンをナシゴレンにする3つの法則。

ニョクマムニョクマムを入れる
目玉焼き
●其の1 ナンプラーを大さじ1入れる

出来上がり前にナンプラーを入れて少しだけ炒めます。ナンプラーは石川県の「いしる」、秋田の「しょっつる」と同じように魚を発酵させて作ったタイの「魚醤」です。下の写真はベトナムの魚醤で「ニョクマム」。

●其の2  出来上がりに目玉焼きをのせる。

目玉焼きをのせるだけで一気にナシゴレンになります。焼き加減は半熟。サラダ油多めでふちをカリッと焼き上げるのが東南アジア流。


何のための比較なのか意味不明ですが、下のフォト。左がアマンジヲのナシゴレン。右がCuisineのナシゴレン。これからアマンサラに行ってくるのでナシゴレン食べてきます。
アマンジヲのナシゴレンくいじーぬのナシゴレン


●其の3  インディカ米を使う。

インディカ米は俗に言う「タイ米」。細長く水分含有率が低く粘性もありません。よってチャーハンに適しています。日本のお米でチャーハンを作りなれてる皆さんにお知らせしたい。インディカ米で一度チャーハンを作ってみて下さい。「えっ!!チャーハンってこんなに簡単に上手にできるものだったの」って思うくらいパラパラに仕上がります。鉄製の中華鍋でもくっつきません。

「それでも日本のお米の方がうまいに決まってる」と思ってる皆さん。インディカ米は炒めると美味しいです。臭くなんかありません。もしお近くのお店で手に入るのであれば小さな袋を買ってみてください。

←ナシゴレンが美味しそうなら1クリック ★★★


●其の4 番外編

添え物にキュウリやトマトの輪切りを。レモンやライムを仕上げに絞ると一気にエスニックです。

そんなわけでアマンサラに行ってきます。

ナシゴレンを作って食べて自分の大切な人と一足早い夏を感じてください。

りぼんねこさんのナシゴレンは甘辛で美味しそう!やっぱり目玉焼きがのってます。

ナシゴレンアップ


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。