レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



眠ってた写真を久しぶりに見ると料理の味から街の空気まで鮮やかによみがえってくる。

数年前の冬の記憶。友人が1965年のラターシュが手に入ったと言うので六本木の『ブルギニヨン』というフレンチレストランに行った。客のいるテーブルから小窓を通して厨房が見える小さなレストラン。シェフがブルゴーニュのワインが好きで、出てくる料理もそれを意識して調理される。豚の血や鴨を使った料理が抜群にうまい。「幸運にも」2008年の東京ミシュランには載らなかった。

古いワインなのでボトルの中の澱(おり)を落とすために何日も前にお店に持ち込み、ボトルを立てた状態で預かってもらった。DRCの年代モノ。お金の事は言いたくないけれど、いったいいくら持っていけばいいのだろうと思った。

anago

ワインの事を書いている文章を読むとほとんどの場合は虚しい感じがしてしまう。ワインを熱っぽく語る人が周りにいたりするとこっちが恥ずかしくなる感じもする。鉄道ファンの人が鉄道のすばらしさを語っても微笑ましい感じがするのにワインに限って何でそんなに屈折した気持ちになるのは何故だろうといつも思う。

ワインの話には「これくらいは知らない人でも知っているだろう」という暗黙の前提というか威圧感があって、これはボルドーだからカベルネとメルロがどうのこうの、何年ものだからまだ早いとかなんとか...要するにワインについて言葉にすると「これぐらいは知ってますよねぇ」的な世界が広がってしまうからだと思う。知らない人はカヤの外、少し知っている人はよく知る人の前で知らないふりをする。だから今まで僕はブログの中でワインについてはふれなかった。書けば野暮な感じがするし、自分の底の浅さをひけらかしているようなので。

今回、昔の写真をひっぱり出してブログに書こうと決めたはいいが、やっぱり難しい。ワインはグラスに注いでみると、ただの赤い液体。それを文章で表現しようとするとどうしてもその特別性をあらわす言葉を使わなければいけない。やっぱりカッコつけてる感じがして嫌だ。恥ずかしいけれど写真の下に注釈をつけることにした(あ~はずかしい)。

ラターシュ
コルク
グラスのラターシュ
1965年のラ・ターシュ。DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)が作るワインのひとつ。ブルゴーニュワイン。

つい先日同僚が「ワインはわからないですねぇ。高級なものだと言われて飲んでも千円ぐらいのものと違いがわからないですよ。」と言った。そんなことはない、誰だってそれぐらいの違いは分かると思う、少なくともグラスを二つ並べて飲み比べてみれば。そして恐らく彼がそんな事を言うのは本当においしいワインを飲んだ経験が無いだけなのだと思う。

世の中に美味しいワインは無数に存在しても、美味しくないワインは少ない。僕は「このワインは美味しくない」と言う自称ワイン愛好家は信用しない事にしている。本当のワイン好きなら不出来な(または保存状態の良くなかった)ワインに出会ったら「惜しいなぁ」という反応をするはずだ、映画好きが駄作の中にも良いところを見つけようとするように。

年代物のラターシュを開けるので緊張していたからか、料理の写真をいくつか撮り忘れた。その日シェフと相談して決めたのはアナゴ、生ガキにジュレがのったもの、鴨を焼いたもの(たしか血を使ったソース)、デザートには瓶の中に入ったクリームブリュレ...だったと思う。シェフいわく銃で撃った鴨を出した事もあったけど血のまわりが良くないので最近は飼育した鴨を調理しているとの事。もうすぐジビエの季節だけれど狩猟した獣肉が美味いとは限らない。

鴨

シャトームートンまで65年を用意してくれた友人。いつも僕が料理する時には3,4本見繕って自宅のセラーから出してきてくれる。彼はかなりのワイン好きだ、それもブルゴーニュの。知識やウンチクはどうでもよい。目の前にとびきりのワインがあると飲みたくてしょうがない。死ぬまでにあと何本DRCを飲む事が出来るかを考えると買わずにはいられない、飲まずにはいられない。そんな友人。

ワインとの一期一会と言うと聞こえがいいけれど、同じ銘柄で同じヴィンテージでも当たり外れがあるから高いワインにはリスクがある。だけど上の方で述べたように、運悪く外れてしまったワインでも高価なものならけっこうかなり美味しい。そしてワイン好きがいつも期待してしまうのは「当たり」だと思う。安くて当たりではない。高くて当たり。

当たりに出くわすと一口注ぎ込んだ後に一瞬「あれっ何だろうこれ?」となる。

幼い頃の情景。森で道に迷った末に小川を見つける。周りを見渡すと30メートルぐらい上流に誰かがいる。向こうはこちらに気づいていない。よく見ると冷たい川の水で濡らしたハンカチを頬にあて休息をとっている美少女がいる。

当たりのワインを口にするとそんな感じになる。人によってはもっとセクシーな情景かもしれない。
いずれにせよ、いいワインの当たりに遭遇するとそういう感覚が味わえる。

シャトームートン
シャトー・ムートン・ロッチルド1965年。ボルドーのポイヤック村。

なんだか取り留めのない文章になってしまった。ゴメンナサイ。


今度、このワイン好きの友人の別宅に行ったらDRCを開けてくれるという。

また美味しそうなワインに出会える。

当りかどうかはコルクを抜いてみないとわからないけれど...

プディング

プディング2


スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



僕が初めて外国に行ったのは23歳の時のニューヨークだった。安いホテルを一人で転々として足が棒になるぐらいマンハッタンを歩いた。なぜ歩いたかと言うと当時のNYの地下鉄は犯罪がとても多いと「地球の歩き方」に書いてあったから。

お金はなかったけれど、どうにかなる。だってNYの街角にはホットドッグスタンドがある(これも「地球の歩き方」出典)。それにマクドナルドがあるじゃないか、いざとなったらビッグマックを食べれば死ぬことはないと自分に言い聞かせて成田発のコンチネンタル航空に乗った。

もちろん「いざとなったらマクドナルド」というのは全くの強がりで、たとえお金があったとしてもナイフとフォークを使うようなレストランには入れない。だって英語ができないから、予約、メニュー、お酒のオーダー、会計、数々の難関を越えなければならない。だから結局、僕のNY旅行は最初からファーストフード頼りだったという事だ。

っと、恐らくここまでの話は日本で生まれ日本で英語教育を受け外国に貧乏旅行に行こうと考える若者の極めて典型的なパターンだと思う。しかし、だけど、BUT、NYのマクドナルドでハンバーガーを注文するのは簡単なことではない。今回はマクドナルドでの英会話という事で世界の(といっても2,3ヶ国)マックにまつわる英語の難しさについて書いてみたい。

メガマック1
メガマックを買ってみた。
ピクルスを別売りにして欲しい。ポリポリかじりながら食べたいから。


アメリカのマックに入ってカウンター上のメニューボードを見あげる。だいぶ日本と様子が違うので最初から不安になってくる。ハンバーガーが無い(よく探すと手元のメニューにはある)。ダブルチーズバーガーはある。Quarter pounder(クゥオーターパウンダー)というハンバーガーの大きめのやつを見つける。

どうしようかなぁ。普通は「せっかくアメリカに来たんだからQuarter pounderにしようかなぁ」とか色々考えるんじゃないかと思う。そうこうしているとセットはあるがバリューセットという名前ではないという事に気づく。なんとかコンボとか別の名前になっている場合が多いと思う。段々うまく注文できるだろうか不安になってくる。これがもし日本から一緒に来た友達が隣にいたりすると友達の前でカッコイイところを見せなきゃいう意識からさらに冷静な判断力を失う事となる。

そこで自信がないから本当はポテトも欲しいのに単品でチーズバーガーとコーラを頼めば問題ないだろうという作戦を立てる事になる。コーラもコカコーラは「Coke(コーク)」と呼ぶという予備知識もあるし...これが傷口を広げる事になることも知らずに。

体重90キロはあるだろうカウンターの中にいる店員さんに話しかける。

自分 「Cheese Burger and coke, please (チーズバーガーとコークお願いします)」

店員 「◆☆*&%#$!!(コンボにした方がポテトもついて安いぜ!!)」

自分 「???? ......」

もうダメ。英語わかんない。こんな事なら最初からコンボにしときゃ良かった...でも、コンボにしとけば良かったという事さえその時点では気付いていない。だって何言ってるかわかってないんだもん。

これがシンガポールのマクドナルドだと「Cheese Burger, please」に対してほぼ100%の確率でこう返ってくる。

「Just a burger ? or set menu ? (バーガー単品ですか?それともセット?)」

"Set Menu"というのが何ともシンガポールっぽいんだけど、"Just a burger"という表現は憶えておくと便利です。

場所は戻ってNYへ。冷や汗をかきながら何とか無事にチーズバーガーとコーラを注文できたとしよう。その後にくる決まり文句がコレ。

「For here ? or To Go ?」

ふぉぉひぁ?ぉ とぅ ごぉ? という風に聞こえる。

もうお分かりだと思いますが、「こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」という意味。文章で書くとだいたい想像がつくんだけど「ふぉぉひぁ?」と言われてもねぇ...

今でも憶えているけどその日僕はタイムズスクエアの近くでコーラスラインというミュージカルを観た後にハンバーガーを買ってホテルの部屋に戻ろうと思ってマックに入った。それまでの数日はファーストフード店に入ると毎回この「For here ? or To Go ?」でつまづいていた。だけどその日はしっかりと、

「To GO !!」 と言う事ができた。うれしい。

ちなみにオーストラリアとかシンガポールでは「Take Away」です。僕の英語の先生は「Take out」は使わないと教えてくれたけれど、ネットで調べると「Take out」という国もあるようなので和製英語では無いかもしれない。

メガマックの箱
マックの紙袋
メガマックはさすがに箱に入れないと崩れるようだ。袋は外国製。

2000年に韓国に行った。2002年の日韓ワールドカップを2年後に控えた韓国だったわけなんだけどソウルのマクドナルドのメニューボードはすべてハングル文字表記だった。信じられない。英語が併記されていないなんて。そんな事でワールドカップ開催できるの?きっと今の状況は違うと思うけれど、全般的に言って日本に比べて韓国は細かいところの詰めが甘い感じがした。

場所は変わって再びアメリカ。バーガーキングのWhopper(ワッパー)を知っていますよね。平べったいワラジのような大きなハンバーガー。玉ネギの薄切りが辛味があって悪くない。初めてワシントンDCでワッパーを食べた時の事。前に並んでいた背の高い黒人がダブルチーズワッパーをオーダーした。

だぼぉーちぃずっ ぅうわっぽー!!

「だぼぉ」にアクセントを入れて「うわっぽー」はジャイアント馬場のように言えばいい。僕はリズム&ブルースとかの黒人音楽が好きで、黒人の巻き舌スラングの英語は嫌いではない。むしろカッコいいと思うほうだ。

前の黒人さんが終わって僕の番がやってきた。

だぼぉーちぃずっ ぅうわっぽー!! ふぉ、ひぁ!!

バッチリ通じた。うれしい。

その時、僕は25歳だった。NYから2年の時が経っていた。それでもうれしかった。

メガマック2


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ンガポールには中国の人がたくさん住んでいます。この「中国の人」という表現がなんとも中途半端なのですが、他に良い表現が見当たりません。要するにずっと前に中国本土から来た人ですでにシンガポールの国籍を持ってる人および最近中国本土から来た中国国籍の人です。誰もがまとめて「チャイニーズ」と呼ぶのですが今ひとつ要を得ません。「日系ブラジル人」というような表現をすればいいのにと思うのですが「中国系シンガポール人」なんて言うよりも「いいよ、いいよチャイニーズで・・・だってチャイニーズじゃん」という雰囲気です。

まあそんなこんなで中国系シンガポーリアンの人も正真正銘の中国人の人たちも一斉に休んで家族団らんの時を楽しむのがチャイニーズニューイヤー(旧正月)です。

旧正月の家庭の味がこれ↓ 旧正月のフルーツケーキ です。

ケーキ

上のケーキ、会社のチャイニーズの女性スタッフからいただきました。

ありがとう(T_T)

日本のケーキより、やっぱり甘め。でも、

全部食べました。美味しかったし。
シンガポールのデザートって甘いです。
それも「辛い」の対極にある「甘い」です。複雑な甘さじゃなくて、

あ~甘いなぁ、砂糖使ってるなぁ( ;゜Д゜)って感じ。

旧正月の大晦日にこういうケーキを家でお母さんと一緒に焼いて、元日に家族で食べるんだろうなぁ。そんなアットホームなケーキのおすそ分けを頂いて「外国人」の僕としては光栄の極み。素直にうれしいです。

ファン
コカコーラ
今回は外に出て撮ってきたゆるゆるフォトを少し...

上は「COL BAR」という地上の楽園より。Yes, Coke!!です。ダイエットコークは不味いですよ。だからこれは普通のコカコーラ。

右は近くのカフェ。籐の背もたれの椅子が何ともいい感じ。休日のブランチに行きました。たまに外に出るのも良いものです。
カフェ
クッキー
そしておうちフォトです。左のクッキー。これも別のスタッフのお母さんが旧正月に焼いたもの。美味しいです。

下の陶器で出来た小鳥。白い鳥のくちばしに黒い点があるのが見えますか?こいつが僕のお気に入り。真っ白でパーフェクトなのってつまんないじゃないですか。人はユニークでありたいと思うもの。僕もユニークでありたい。
鳥

ケーキをくれた女性もクッキーを持ってきたスタッフも僕の部下。こんな風に手作りお菓子をいただくと恐縮する反面、とても嬉しいです。

←今日の順位は?皆様のひとポチがCuisineを救います★★★

の国に住み始めた頃に「現地のコミュニティになじまなければ」と勝手に思い込んでいました。でもそれは日本人とは文化も価値観も違う人たちとの事。たやすいことではありません。住んでみて分った事ですが現地の人たちと近所づきあいのような交流が有ったとしても、それが必ずしも成果や達成感につながるわけではないという事。たとえ付き合いが無かったとしても仕事をキチンとして態度で示せば相手に通じるという事。

だからこのお菓子をもらった時は...「ああ、彼らに何か通じたかも」と思って嬉しかったCuisineです。

彼らはまだ経験が少ないというのもあって、僕は毎日のように彼らを叱っています。それでも暖簾に腕押し、ぬかに釘という感じですが、10個教えた事の1つでも憶えていてくれて、彼らがいつかそれを仕事に生かしてくれたら。そして僕がどこかに行ってしまった後の数年後に成長した彼らと照れる事なく再会できたら...

きっと嬉しいだろうと思います。間違いなく、きっと...

ケーキとクッキー


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ホンっ と皆様お久しぶりでございます。ご無沙汰しておりました。

日本に帰っておりました。東京にしばらく、愛知県にすこし。
やっぱり日本人はお米ですねぇ(しみじみ)。
「なに食ってもうまい、米がうまいから・・・」と感激している今日この頃です。

そんなわけで今回のおみやげは ベルギーチョコレート です???

まったく意味不明ですよね。下のフォトをご覧ください。買っちゃったんです・・・

デジタル一眼レフ!!

ベルギーチョコレート2

キャノンのEOS KISSデジタルXというビギナー向きのデジタル一眼レフ。
「これで~すっ」ってカメラの写真を撮ってお見せしたいのですがカメラでカメラそのものの
写真を撮るのは鏡でも使わない限り不可能なので断念しました。

んなわけで・・・

Cuisine妻のベルギー旅行でチョコレートを買ってきてくれたので写真を撮ろうかという話になり、記念すべき『レシピ気まま』の一番レフデビューの被写体になったのでした。

下のフォトをクリックしてみてください。

ベルギーチョコレート

こんな少ない明るさの中でなんとも穏やかで印象的な写真が撮れちゃうんです。
まだまだ慣れていないのでぎこちないんですが、これから『レシピ気まま』の
料理写真の幅が広がるっ・・・と期待しておるしだいです。

さてところで問題のチョコレートですが・・・

ピエールマルコリーニというベルギーチョコレートだそうです。

んっまいです。

さすがというか、もう次元が違う。
一粒ひとつぶが違う味で食感がサクっ、むにゅっ、そして鼻腔を複雑な香りが
ふわ~って感じ。日本では一粒300円もする。

上の写真の右真ん中の赤いハート型のがあるんですがバレンタインにもらったら
それだけでその女性を尊敬してしまうかも。

そんなわけで僕はCuisine妻を尊敬しています。

ベルギーチョコレート3


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



今日はCuisine妻作の夕飯の登場です(拍手!!)

Cuisine妻は坦々麺星人で冷麺大王なんですが、おむすび殿下だったりもするんです。
っというわけで秋の気配真っ盛りの今日この頃ですが、

おむすびで弁当風のディナーにしてみませんか? の巻です。

お弁当1

僕らが住んでる国の人がよく言うんです。

" We don't have the seasons. Hot or Very Hot. "
( ここには季節がない。 『暑い』 か 『すごく暑い』 だけだ。 )


っなもんですから、お弁当作ってピクニックでもしようかという気にはなれません。
近くに植物園があるのですが昼間はシートを敷いてそよ風の中をウトウトなんてのは
夢のまた夢。熱中症になる。

しかし僕らは日本人。お弁当のおむすびにおかずは大、大、大好物。
そんなわけですから気を利かせた妻が今日はお弁当を作ってエアコンのきいた
おうちの中で食べましょうと...

ここでりぼんねこさんもおにぎりディナーの美味しそうなのを作ってくださいましたので早速トラバ返しです。
お弁当3
おうち弁当の良い所は熱々の味噌汁に納豆が食べれらる事。
ピクニックで納豆はチョット...ですもんね。
ハッシュドポテト、アスパラのベーコン巻、たまご焼きに枝豆。
妻が作るたまご焼きはサッパリして美味しい。
枝豆が入ってるところが大人のお弁当という感じかも。

『おむすび殿下』のCuisine妻、二つ握れば梅干と鮭昆布という具合に違った具を
選んで楽しませてくれます。呼び方も「おにぎり」じゃなくて「おむすび」。


お弁当と言えば...


僕の母は物静かなんだけど、ときおり突拍子もない事をする人でした。

中学生の時に弁当箱を開けたら

鮎の塩焼きが二匹

ごはんに埋まってた。おかずはそれだけ。
ところが母本人は「鮎、おいしいじゃない」と観音様のような笑み。

小学生の時の運動会。運動場で家族と一緒のお弁当タイム。出してきたのは

高級仕出し屋で注文した松花堂弁当

しかも食べ切れないほどの品数。まわりに座る友達の家族から「すげ~」の歓声があがり、うれしいような恥ずかしいような。

「あのぉ、普通のがいいんですけど...」と今なら言いたい。

「おいしい?おいしい?」と母が聞くもんですから、薄味で炊き上げた上品な高野豆腐を食べながら僕は「う、うん...」

母はまじめにそれが良いと思ってそうしてるんです。
だけど子供の頃って普通がいいって思う気持ちあるじゃないですか。
普通のサラリーマンの家庭がうらやましかった。

そんなこんなで僕は大きくなって大人になりサラリーマンになったのでした。
そしていつの間にか普通のものの他に「普通じゃない」ものも好きになりました。

妻が作ってくれたおうち弁当を涼しい部屋の中で食べて幸せな気分になる僕。

おいしいです。

お弁当2

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

♪はちみつ、ぱんけ~きにちぃず♪♪
  ♪愛するあなたぁのぉ ためぇ♪ (『部屋とYシャツと私』のメロディで~)

旅行先のホテルの朝のバッフェ。ついつい欲張ってあれこれお皿に乗せてしまいます。
ところが海外のホテルではシリアルにヨーグルトだけとかフルーツだけというビジネスマンをよく見かけます。

先日バンコクに行った時にそんな『ちょっとセーブぎみ朝食』を試してみました。

そんなこんなで今日のエントリーは ハチミツチーズパンケーキ です。

はちみつ

アジアのホテルのバッフェには本当にたくさんの種類の食べ物があります。

ここではカット盛りのフルーツがあるその横に

蜂が作ったハチミツのかたまり が置いてあります。

言葉では説明しにくいんですけど...家庭用まな板ぐらいの長方形の網の上に蜂に蜜を集めさせるんでしょう。蜂の巣のようにきれいに六角形に蜂蜜を固めていきます。お皿に移す時にそのキレイな六角形を崩さなきゃいけないのが残念です(写真右下アップですが、六角形がひしゃげてます、残念!!)

さっそくテーブルに戻って妻の皿からくすねたパンケーキにバッフェから取ってきたチーズを上に、さらにこの蜂蜜をかけて口に運ぶ...

... 無言 ...うまい...

天を仰いで鼻から「ふふ~ん」と歓喜のため息が出てしまいます。

タイ屋台
場所は変わってバンコク市内。

やってます、やってます。
屋台のおばさんがコンロの上で豪快に...

お弁当屋さんのようです。

周りの雰囲気は決して衛生的とは言えないのですが、愛らしいのはおばさんの 青い頭巾...

私の店は清潔よぉと言っているみたいです。

清潔さは商売の基本。万国共通っすね

蜂蜜とチーズとパンケーキ。
それは「神様がくれた黄金の組み合わせ」とCuisineは勝手に思っています。

パンケーキじゃなくて普通のパンだけでも良いです。
小瓶のハチミツにチェダーやサムソー、塩気の多いゴルゴンゾーラを
買ってくれば準備おっけー。

パンにチーズをはさんで上からハチミツをかけます。
これだけで朝の20分を幸せな気分で過ごせるかもしれません。
こぼさないようにね。

ヨーロッパのホテルの朝バッフェには何種類ものハム、ソーセージ、オムレツスタンド、サラダ、ジュースがありますが、それに輪をかけて種類が豊富なのはアジアのホテルだと思います。

アジアのホテルではそれに点心、チャーハンなどの中華が加わり、さらに日本そば、寿司、MISOスープ(味噌汁)。イスラムの人たちにも食べられるようにチキンカレーやマトンの煮物など...

今日はそんな中から中華粥を小さなお椀にもらってきました。
中にソルティエッグ(ピータンのようなもの)に中華ハム。

これで『セーブぎみ朝食』じゃなくなっちゃいました...

中華朝がゆ


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:朝ごはん - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。