レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ずっと前からたこ焼き用の鉄板はあったんだけれど、ガスコンロの上で焼くので中心部分と外側の焼き具合が均等じゃなくて満足していなかった。

実は...ちょっと前にお好み焼きを食卓の上で食べたくてホットプレートを買ったのです。

最近のホットプレートはたこ焼きプレートも付いてました。びっくり。

関西人ではないのでたこ焼き機が実家にあって作り方がDNAに刻まれているわけではないのでレシピをネットで調べた。

てっきりキャベツを入れるものと記憶していたけれど、サイト管理人いわく「キャベツを入れたらたこ焼きではナイ」そうです。あくまでもたこ焼きはネギとの事。

たこ焼き

たこ焼きをくるくる裏返すピックは元々家にあった(調理器具なら何でもあるCuisine家)。

裏返す役を妻にまかせてビールをチビチビ。

「焼きはまかせた!!」っと言っておきながら、妻の裏返し方が気になってしまう、関西人でもないのに。お店の前で見ていると鉄板の平たい部分にまで粉を流し、焼けてきたら時計の3時の位置を下に押す感じでやっている感じがした。

そんなわけで「下に押すかんじでぇ~」と思わず叫んでいた(-。-;)

たこ焼きに関してひとつ素朴な疑問がある。

たこ焼きの元となっている、粉をダシで溶いたあの液体の名称。

粉?ダシ?たこ焼き液?

Yahoo知恵袋に質問してみようかしら。

知っていたら教えてください。よろしくお願いします。

★★★★★★ 編集後記 ★★★★★★

大阪人ちゃちゃまんぼうさんからベストアンサーいただきました。

たこ焼きの元となっている、粉をダシで溶いたあの液体の名称は、

『生地』

たこ焼きをくるくる裏返すピックは

『千枚通し』

ちゃちゃまんぼうさん、ありがとうございます。
スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ひょうたんの「抜き」
久しぶりに早く帰ってきたら、妻が
「なんで、こんな日に限って早いのぉ」
と、がっかりモード。
台所を覗いたら重箱の中にひょうたんの型に抜いたごはんが。
びっくりさせたかったようです。

ひょうたん

このひょうたんの型は昔に妻が買ったもの。

なんでこんなものまで持ってるんだろう。

お店で気に入ると買わずにはいられないようです。

そんな事を思う僕ですがこうやって重箱に凛とした姿でお米があると

カッコイイ。このひょうたんの「抜き」があって良かったと思う。

ひょうたんとか俵型は豊作を連想させるめでたい時に使うのかな。

こんな事を言うのは不謹慎かもしれないけれど

葬式の後の初七日の時に食べるお弁当を作ってみたい。

その時の「抜き」はどんな型がふさわしいんでしょうか...

おかず
ひょうたん型
雑穀米のごはん
野菜のオイスターソース炒め
蒸し茄子のごまだれ
アオサの卵焼き
ソーセージ
お弁当



人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ーズを削るという作業は何だかいつも忙しくせかせかしている気がする。僕が日本人だというのもあるが、ゴマをすり鉢ですったり、鰹節を削り器でけずるのはしっかりと地に足がついた堅実な行為だと思う。

チーズを削るというシチュエーションはパスタを皿に盛って熱々のうちに早く早くっという場合が多く、パスタ本人と食べるのを待っている人に「せかされている」イメージだ。急いでいるものだから誤って人差し指の第2関節のあたりをガリッと削ったりして涙する事もあった。

そんな僕のチーズ削りに対してのネガティブなイメージを払拭するべく、使うのが楽しくなってくる器具をCuisine妻が手に入れました。

 マイクロプレーンのチーズグレーター です。

チーズ削る

自他共に認める料理おたくのCuisineですが、料理器具に関しても1年に一度しか使わないようなマニアックな器具も持ってます。スープ漉し器とか中華のザーレンとかね...それからこれも妻がどっかから手に入れてきたのですが「白髪ネギ切り器」とか...

まあそんな事はどうでもいいんですが、このチーズグレーターがスグレモノなんですよ。

写真のようにチーズを押していくと「する、する、する・・・」っていう感触で

スナップ
本日のナイスショット。写真をクリックするとチーズが落ちていく瞬間を見られます。
「知られざる世界」です。

毎度の事なんですがジェノベーゼのパスタはうまい。今日は小さなバジルの葉と松の実をちらしてみました。パスタはリングイネとスパゲティの混合ダブルス。中途半端にあまっちゃうといつもこんな感じのミックスにします。

←料理ブログがいっぱい!人気ブログランキング ★★★

チーズはやっぱヨーロッパです。ずっと昔にフランスのボルドーに行ったんですがスーパーのチーズコーナーが半端じゃなかった。歴史が違います。発酵食品で言うと日本のスーパーには味噌や納豆がふんだんにあるのですが味噌なんかは昔は家庭で作ったじゃないですか。なんだか欧州のチーズに比べて日本の味噌は画一的になっちゃってつまんなくなっちゃいました。

道の駅なんかで売られてる味噌がいつか普通に東京で買えたらいい...そう思います。

ジェノベーゼ1


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



コメントをいただいた皆様、返信遅くなってゴメンナサイ。

忙しくて記事のUPはおろか返信もままならない状態です。
記事ネタも過去のものを探している今日この頃です。

さて、気をとり直してまいりましょう。

本日のレシピ気ままは クレイポットでアジアンご飯 を。

Cuisineおすすめ調理器具の紹介です。

クレイポット2

『クレイポット』は土鍋です。有名なのはクレイポットライス。
すなわち土鍋の炊き込みご飯ですね。

上のフォトはマレーシアで食べたクレイポットチキンライス。
チキンのもも肉のりっぱなのが4,5切れのっていて200円ぐらいかな?

オーダーすると普通のお店では15分は待たされます。しかし炊き込みご飯が15分で
炊き上がってしまうという事実に疑問を感じざるおえないCuisineです。
厨房を覗いてみると、ラーメンどんぶりぐらいのクレイポット全体が炎で包まれるほどの
超強力な火力で炊き上げてました。だから短時間でできるのかな?

炊き上がる直前に別に煮たチキンをのせて蒸らしたら最後の仕上げです。
上から得体の知れないスープのような油のようなものをかけまわし、
そして最後にブラックソースをかけて完成。このブラックソースというのは通称のようで、
スーパーの中華ソース売り場でどれがそれなのか未だにわかりません。
味はオイスターソースとウスターソースとテンメンジャンを足して3で割ったような味。


クレイポット1
左上のシーチキンのようなもの何だと思います?どうやらアンチョビのようなもので、とってもとってもしょっぱいです。このアジアンアンチョビをクレイポットにお好みで入れて一気にかき混ぜます。器が熱々なので気をつけて!!

下のほうはご飯がおこげになっています。こそげ取って熱々をハフハフ食べる。奥歯におこげがくっつきますが、そんなことお構いなし。

下のは僕が中華街で300円ぐらいで買ったクレイポット。表面ザラザラで高級品とは程遠いけれど、これを使い込むとこのお店のようなこげこげの土鍋になるのかと思うと、もっとアジアンご飯を勉強して味のある器にしていきたいなぁと思います。
クレイポット2

僕はこのクレイポットを器として使っています。

麻婆豆腐を作ったらこれに入れて冷めたらそのまま火にかけて温めなおす。
野菜、肉、魚を小鍋だてのようにして最後に麺を入れて火にかけてもいいかも。

土鍋で炊き込みご飯。今までで最高だったのは東京某所で食べた鯛の炊き込みごはん。うまかったなぁ。

炊き込みご飯は下ごしらえも少ない、分量さえ守れば必ず美味しいのが出来る。
炊飯器でも土鍋でも火にかけておけば『時間が作ってくれる』。
その間に他のおかずの準備ができるから、まさに調理人の味方ですね。

煮物を作るときはちょくちょく鍋に気を使ってアクを取ったりするのに炊き込みご飯は
ほったらかしですよねぇ・・・不思議でした。

僕の好きな料理人がアクも味のうちと言っていて、「アクなんて最初の方に出てくるのは取るけど後から出てくるのは逆に残しといた方が美味くなるよ。」って・・・

だから僕は肉じゃがでもアクは最初の方にちょっと取るだけ。
以前ためしに丹念にアクを取ったら味気ないものになっちゃいました。

ああ、秋ですね~。栗ご飯に芋煮・・・

鶏肉に牛蒡に油揚げを入れた炊き込みご飯が食べた~い。

クレイポット1


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



僕の大好きなドレ~シンボ~トル♪ ( 『僕のクラリネット』のメロディーで )

前回の日本帰国で東京は合羽橋に行ってまいりまして...
念願のドレッシングボトルを手に入れました。

( 『僕のクラリネット』のメロディーで ← くどいかも )
♪酢と、♪塩と、♪オイルと.....を~いれ~て 

今日のエントリーは 自家製ドレッシング を作りましたの巻ぃ

ボトルのドレッシング

市販のドレッシングも良いのですが自分で調合したい...

天然塩のうまみとかオイルの風味とか、びみょぉな味が欲しい。
柑橘系の酸とかも使いたいなぁ。

そんな自分で作ったドレッシングでバケツいっぱい程の生野菜を食べる。
そして適度な運動でスリムで健康!!っといきたいですね。

東京の合羽橋(かっぱばし)は料理好きにとってはワンダーランドです。

お客様用のお手拭きかごから大人ひとりが入れるぐらいの大きな寸胴まで料理のモノならなんでも揃う。お菓子道具、コック服、刃物などの専門店が何百メートルも軒を並べています。素人さん大歓迎の雰囲気が漂っていて、特に陶器や漆器の店なんかは気軽に相談できます。

前から小さめのガシガシ使えるドレッシングボトルを探していたのですが、ありました...さすがは合羽橋
ボトル
ドレッシング
我が家の冷蔵庫は大きさのわりに容量が少なめ。自家製ドレッシングは短い期間で使い切りたいですからボトルも背が低くて小さなものがいい。

キャップがあってシャカシャカ攪拌できる、そしてふたが取れて中をジャブジャブ洗える。オレンジのキャップが何とも中途半端にレトロなんですが、逆に言えばプロっぽい!

左のフォトのようにボールでドレッシングを完成させてからというのでもいいのですが、分量に自信があれば材料をそのままボトルに放り込んでシャカシャカが便利。
ドレッシング材料

フタをおさえながらシェイクできます。
冷蔵庫で場所をとらないコンパクトなミニサイズ
100mlの使いきりサイズはクリーンで安心

パイレックス・ドレッシングボトル・ミニ

オイルはEXヴァージンオイルも良いのですが良質のサラダ油を
使ってみるのも良いかと思います。

サラダオイルはクセがなくて和風ドレッシングなんかには最適ですよ。

今回はフランスに勉強に行っている妻の従姉妹からいただいた
フルーツのビネガーを使ったドレッシング。

さっそくトマトを湯むきしてボトルをシャカシャカ!!
うんうん、フルーティーだぁ。

なんだか自家製のドレッシングというだけで豊かになった気分です。

トマトと豆のサラダ


人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:オーガニックライフ - ジャンル:グルメ

フィッシュボールヌードルというのがあります。

中国語で「ミーポー」というのですが蒲鉾が具として入ってる辛い和えそばです。最近そのミーポーにハマっていて家でもできないか?っというわけで今日は、

チリヌードル懐かしの中華どんぶり でいただきます。

チリヌードル2

フィッシュボールヌードルの辛さはラー油に加え豆板醤のおかげで食べ終わるとカプサイシンのせいで顔から汗が出てくるほどです。それに加えて油でからめたピリ辛のあえ麺なのでちょっと油ギッシュです。

油の少ないつゆそばにしたかったので麺をゆでるのとは別鍋で中華スープに適当に味付けして豆板醤とフライドオニオンを入れた器に注ぎます。茹で上がった麺を入れてトッピングをすれば出来上がり。

市販の中華スープを使う場合は炒め野菜と煮込むなどしないと旨みに奥行きがでないですね、ちょっと反省です。フライドオニオンはカリカリに揚げて乾燥させた玉ねぎとニンニクです。普段手に入りにくいと思いますが、あるととても便利です。

こうして後から見てみるとこの平麺は名古屋のきしめんに似てるなぁ。そういえば歯ごたえもそれに近かったし。

豆板醤とフライドオニオンチリヌードル

ここで使ってるのは妻の実家にあったラーメンどんぶりです。家族で使っていたかどうかは知りませんが5個あったどんぶりをお母さんが「要らない」って言ったので妻が持ってうちにきました。

見てわかるように昔のラーメンどんぶりは「肩で風を切るように鋭角で決して客にこびいることのない余計なものをそぎ落とした顔」をしています。

まじめに今はやりのインスタントラーメン(脂ギッシュなトッピングばかりの)をこの器に入れるとなんだかパッとしません。焼き豚1枚、メンマにゆで卵半分でしょうゆ味というシンプルな方がしっくりきますね。

器の裏に「大清乾隆年製」とありました。今気づいたのですがYahooで検索してみたところオークションでたくさんヒットしました。

高いのだと7まんえんもしてる!!!

誰かが「欲しい」って言ってもたぶん断ると思います。この器で今までどんなラーメンを食べたんだろうって想像するだけで下手な小説より面白いですから...

どんぶり4どんぶり2
どんぶり3どんぶり1

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。