レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



眠ってた写真を久しぶりに見ると料理の味から街の空気まで鮮やかによみがえってくる。

数年前の冬の記憶。友人が1965年のラターシュが手に入ったと言うので六本木の『ブルギニヨン』というフレンチレストランに行った。客のいるテーブルから小窓を通して厨房が見える小さなレストラン。シェフがブルゴーニュのワインが好きで、出てくる料理もそれを意識して調理される。豚の血や鴨を使った料理が抜群にうまい。「幸運にも」2008年の東京ミシュランには載らなかった。

古いワインなのでボトルの中の澱(おり)を落とすために何日も前にお店に持ち込み、ボトルを立てた状態で預かってもらった。DRCの年代モノ。お金の事は言いたくないけれど、いったいいくら持っていけばいいのだろうと思った。

anago

ワインの事を書いている文章を読むとほとんどの場合は虚しい感じがしてしまう。ワインを熱っぽく語る人が周りにいたりするとこっちが恥ずかしくなる感じもする。鉄道ファンの人が鉄道のすばらしさを語っても微笑ましい感じがするのにワインに限って何でそんなに屈折した気持ちになるのは何故だろうといつも思う。

ワインの話には「これくらいは知らない人でも知っているだろう」という暗黙の前提というか威圧感があって、これはボルドーだからカベルネとメルロがどうのこうの、何年ものだからまだ早いとかなんとか...要するにワインについて言葉にすると「これぐらいは知ってますよねぇ」的な世界が広がってしまうからだと思う。知らない人はカヤの外、少し知っている人はよく知る人の前で知らないふりをする。だから今まで僕はブログの中でワインについてはふれなかった。書けば野暮な感じがするし、自分の底の浅さをひけらかしているようなので。

今回、昔の写真をひっぱり出してブログに書こうと決めたはいいが、やっぱり難しい。ワインはグラスに注いでみると、ただの赤い液体。それを文章で表現しようとするとどうしてもその特別性をあらわす言葉を使わなければいけない。やっぱりカッコつけてる感じがして嫌だ。恥ずかしいけれど写真の下に注釈をつけることにした(あ~はずかしい)。

ラターシュ
コルク
グラスのラターシュ
1965年のラ・ターシュ。DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)が作るワインのひとつ。ブルゴーニュワイン。

つい先日同僚が「ワインはわからないですねぇ。高級なものだと言われて飲んでも千円ぐらいのものと違いがわからないですよ。」と言った。そんなことはない、誰だってそれぐらいの違いは分かると思う、少なくともグラスを二つ並べて飲み比べてみれば。そして恐らく彼がそんな事を言うのは本当においしいワインを飲んだ経験が無いだけなのだと思う。

世の中に美味しいワインは無数に存在しても、美味しくないワインは少ない。僕は「このワインは美味しくない」と言う自称ワイン愛好家は信用しない事にしている。本当のワイン好きなら不出来な(または保存状態の良くなかった)ワインに出会ったら「惜しいなぁ」という反応をするはずだ、映画好きが駄作の中にも良いところを見つけようとするように。

年代物のラターシュを開けるので緊張していたからか、料理の写真をいくつか撮り忘れた。その日シェフと相談して決めたのはアナゴ、生ガキにジュレがのったもの、鴨を焼いたもの(たしか血を使ったソース)、デザートには瓶の中に入ったクリームブリュレ...だったと思う。シェフいわく銃で撃った鴨を出した事もあったけど血のまわりが良くないので最近は飼育した鴨を調理しているとの事。もうすぐジビエの季節だけれど狩猟した獣肉が美味いとは限らない。

鴨

シャトームートンまで65年を用意してくれた友人。いつも僕が料理する時には3,4本見繕って自宅のセラーから出してきてくれる。彼はかなりのワイン好きだ、それもブルゴーニュの。知識やウンチクはどうでもよい。目の前にとびきりのワインがあると飲みたくてしょうがない。死ぬまでにあと何本DRCを飲む事が出来るかを考えると買わずにはいられない、飲まずにはいられない。そんな友人。

ワインとの一期一会と言うと聞こえがいいけれど、同じ銘柄で同じヴィンテージでも当たり外れがあるから高いワインにはリスクがある。だけど上の方で述べたように、運悪く外れてしまったワインでも高価なものならけっこうかなり美味しい。そしてワイン好きがいつも期待してしまうのは「当たり」だと思う。安くて当たりではない。高くて当たり。

当たりに出くわすと一口注ぎ込んだ後に一瞬「あれっ何だろうこれ?」となる。

幼い頃の情景。森で道に迷った末に小川を見つける。周りを見渡すと30メートルぐらい上流に誰かがいる。向こうはこちらに気づいていない。よく見ると冷たい川の水で濡らしたハンカチを頬にあて休息をとっている美少女がいる。

当たりのワインを口にするとそんな感じになる。人によってはもっとセクシーな情景かもしれない。
いずれにせよ、いいワインの当たりに遭遇するとそういう感覚が味わえる。

シャトームートン
シャトー・ムートン・ロッチルド1965年。ボルドーのポイヤック村。

なんだか取り留めのない文章になってしまった。ゴメンナサイ。


今度、このワイン好きの友人の別宅に行ったらDRCを開けてくれるという。

また美味しそうなワインに出会える。

当りかどうかはコルクを抜いてみないとわからないけれど...

プディング

プディング2


スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。