レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



本日のメニューは

上海たぬきヌードルです。

ヌードル1

昨日はひとあし早い仕事納めでした。ρ( ^o^)b_♪ランラン♪
僕の勤め先は外資系なので12月になると誰も彼も

X'masモードになって仕事が落ち着いてくるんです。

12月中旬になると外人さん達は本国に帰っちゃうし「他の人が仕事していないなら自分ひとり頑張っても仕方がない」という事で、ある意味僕もこの国では外国人!来週からは久しぶりのニッポンに帰ります。ρ( ^o^)b_♪ランランx100♪

ところが僕には最後の仕事が残っておりました。London、NYと電話会議です。時差の関係でアジアの夜の9時に始まります。

あ”~めんどくさい。

仕事納めの日なので早めに帰って家から電話かけよっと。
出先から帰ってきた妻が帰宅している僕にビックリ、夕飯の準備にはまだ早い、会議は9時だし、中途半端な時間なので「簡単なものにしよう」という事で僕が麺類を作ることになりました。

キッチンに買い置きしてあった食材を引っ張り出して出来たのが上のヌードル。

っと言っても何のことはありません。こちらのスーパーで売っている「上海麺」というのを茹でて和風だしをはって揚げ玉(天かす)をのせただけでございます。

上海麺(下図)は限りなく日本の「ひやむぎ」に近いです。日本からの輸入物のうどんやそうめんは買う事ができるんだけど何しろ上海麺は安いんです。70円ぐらい。

ヌードル2


海外で現地の新鮮な安い食材を使って和食を調理するというのは料理好きの人なら誰でもチャレンジしてみたい事だと思うんですけど。僕が試してみた限りではどうも上手くいかないのです。

1)現地のキュウリで→漬物
2)現地の玉ねぎで→和風おでんだしの煮物
3)現地の鶏のひき肉で→とりそぼろ(by妻)

どれも上手くいかないのです。
原因の多くは素材が野性的すぎて和食には合わないことですが、2)の場合はそもそも玉ねぎとおでんだしは合わない、3)の場合は肉自体に脂が足りないという結論でした。

現地の食材と和食を合わせる為に必要な事は何か?
僕の出した結論は「無理やり和風に持っていこうとしない」ということです。この上海ヌードルもそうめんに似てるからきっとうまくいくはずっという根拠から作りました。でも、やっぱりホントの鍋焼きうどんのようには美味しくはできませんでした。

やっぱり、やっぱり日本の食材にはかないませんわ

下は一緒に食べた大根餅と玉子を一緒に炒めたもの、これがまたウマイんです。

大根餅


上海たぬきヌードルのレシピです

◆上海たぬきヌードル◆

麺つゆを作る
1)鍋の水に出し用昆布を入れ、沸騰寸前に鰹節を入れ弱火に
2)酒、みりん、塩、薄口醤油を投入
3)あくを取ったあと漉す

別鍋で麺と他の材料を茹でる
4)熱湯にほうれん草を茹でて、水にさらす
5)熱湯は4)をそのまま使い上海麺(そうめんで代用可)を茹でる。
6)器に麺つゆをはり、麺、ほうれん草、揚げ玉、わかめ、ネギ、白ごまをちらして完成

今年の冬は寒いそうですね、熱々のうちにどうぞ。

ヌードル3



「幸福の食卓」100のヒント

徳島「青柳」主人の小山裕久が家庭料理のノウハウを伝授します。フライパンで焼き魚、揚げ玉を使う「カミナリ丼」は妻が作って大成功。素材の事が分かっているからこういうメニューができるんでしょうね

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/12-906bf84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。