レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



海外に住むと現地でお世話になっている人達との親密度が自然に濃くなると思う。

良い歯医者を紹介してもらったり、DVDを貸し借りしたり...

程よい距離を保って心地よいお付き合いをさせてもらっている。

「遠い親戚より...」と言うが、もしかしたらそれ以上かもしれない。

そんな大切な人たちに普段着のコース料理でおもてなしした。

ロワイヤル
マッシュドポテト
ズッキーニ
シャルドネ
かつおだしのロワイヤル蓮根のすり流し
つけ合わせのマッシュドポテト
ズッキーニタワー
オイスターベイ(シャルドネ)

近くにいる親愛なる人。

遠く離れたかけがえのない人。

以前に東京にいる親友に久しぶりに電話したら大阪に住んでいるもう一人の
親友が電話の向こうにいた事がある。

「どうして今日電話しようって思ったんだ?」

信じられない偶然。

距離を越えてつながっているんだと感じる。

ロワイヤル2

本日のコースは野菜中心のやさしい味でメインの煮込みでガツンと重みを持たせた。

ゲストが料理を美味しそうに食べているのはこの上ない幸せだ。
お皿に残ったソースまでパンでぬぐってキレイに食べてくれた。


食事が終わりティーテーブルの上のキャンドルに火をともしソファに移動した。

「いつか日本で会ったら変に他人行儀になるかもね...」

ゲストから出た一瞬寂しく感じるその言葉のもつ意味を理解するために同じ言葉を胸の中で復唱し、ゆっくりと溶かして、吸収した。

ここで出合った人々との記憶はこの土地の温度、空気、匂いなどと共にカプセルに格納される。

五千キロ離れた日本で再会したとしても今と同じ感覚には戻れない。


アラカルトとコース料理。味は同じでも(実際は味も違う)店を出た後の印象は全く違う、と僕は思う。アラカルトが個々の皿の味、食感、色彩により鮮明な記憶を残すのに対してコース料理は「流れ」。

コース料理はどの皿がどう美味しかったかはほとんど憶えていない。むしろ記憶に残るのはその時の店の雰囲気、メンバーの顔ぶれ、季節、時代。

「もうお腹一杯なんだけど、このまま食べ続けていたいと思った。」

とゲストが言った。

コース料理への最高の褒め言葉だと思い、感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

オードブル
ほほ肉のドミグラスソース煮
フッジリ
モノクロ
スモークサーモン、キドニービーンズ
牛ほほ肉のドミグラスソース煮
バジルのパスタ(フリッジ)
ニンジンのオレンジマリネ

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



コメント
この記事へのコメント
>plumeriさんへCuisineより
温かいコメントありがとうございます。このコースはひねりが無くて本当に普段着の味でまとめてみました。ニンジンはオレンジの果汁と合うので半日マリネにしました。キドニービーンズの下にあるのは卵サンドの具と同じです、でもただ違うのは裏ごししてるんです。ちょっとしたひと手間です。

キャンドルなどインテリアは妻の仕事なんです、ちなみに。
2007/11/18(日) 23:42:43 | URL | >plumeriさんへ #-[ 編集]
>東京ファームさんへCuisineより
コメントありがとうございます。

蓮根のすり流しは、下に茶碗蒸しがあります。蓮根をすりおろしてコンソメスープと一緒に中火の鍋でかき混ぜながらひと煮立ちさせます。そうすると粘りが出てきます。あら熱を取り別々に冷蔵庫で冷まして茶碗蒸しの上に蓮根のすり流しをのせて枝豆をのせれば完成です。真ん中にあるのは処分品のトリュフです(これは無くてもいいです)。
2007/11/18(日) 23:38:27 | URL | >東京ファームさんへ #-[ 編集]
>りぼんねこさんへCuisineより
温かいコメントありがとうございました。りぼんねこさんには何でもお見通しという感じがします(笑)。

ブログは当分やめませんよ。
最新UPでプレゼント企画やってます。どしどしご応募待ってます。
2007/11/18(日) 23:31:51 | URL | >りぼんねこさんへ #-[ 編集]
>かのんノンさんへCuisineより
温かいコメントありがとうございました。

料理が好きになった理由のひとつとして僕は安くて美味しいものを食べたいと思っていました。最近はこれに健康的にというのが加わりました。だから料理は愛情(特に親愛なる人への)というのは本当なのかもしれません。それから技術的なことを言えば盛り付けを工夫するという事が大事だと思うんです。量と色を考えて調理して最後にお化粧する。鍋からガバ~って盛り付けても良いですけど最後に菜ばしで表に見える素材をバランスよく「置いて」あげる感じです。
2007/11/18(日) 23:25:54 | URL | >かのんノンさんへ #-[ 編集]
>stilograficaさんへCuisineより
そうですね。海外で和食それも家庭料理を食べるのは最高の贅沢です。さらに言えば現地の人の家でもてなされるのはなかなかできない経験です。僕は以前同僚の故郷のフランスボルドーの実家に泊めてもらった事があってそれはそれは思い出深い出来事でした。

そういうお友達がたくさんいるといいですね。
2007/11/18(日) 23:15:18 | URL | >stilograficaさんへ #-[ 編集]
>ちゃちゃまんぼうさんへCuisineより
コメントありがとうございます。

僕は居酒屋メニュー大好きでお酒のつまみを作るのが大得意ですよ。最近すごくお酒が弱くなって控えていますが皆で楽しく飲むのは最高ですね。
2007/11/18(日) 23:11:20 | URL | >ちゃちゃまんぼうさんへ #-[ 編集]
素敵なおもてなしですね♪
この画像と文字から・・・Cuisineさんの"こころ"が伝わってきますv-352
「ご馳走」とは高価な食材ということではなく、心を馳せて作ったお料理だといいますが。
Cuisineさんのこのコース料理は本当の意味での”素敵なご馳走”ですね!
その上、お料理や器や空間・・・センスもいいですね~!
このブログに遊びにくると、私自身もとても幸せな気持ちで満たされたます♪
ブログv-116ですが、今後ともよろしくお願いしますv-392

食後、キャンドルの火を灯して語りあう・・・ほっとする空間です。
そんなひとときも大切な時間ですねv-352
2007/11/16(金) 15:07:33 | URL | plumeri #4GKkIuwA[ 編集]
うらやましい
すごくおいしそうなコースです。
特にれんこんのすり流し。
なんともキレイで、食べてみたいです。
大切な方をお料理でおもてなしするほど、楽しいことはないですよね。
料理やお酒がおいしいとそれだけで話もはずむし。
うらやましい限りです。
2007/11/16(金) 13:09:04 | URL | 東京ファーム #UnotM2NI[ 編集]
思い出は心に閉じて
<お料理からも文章からも、何かしみじみとしたものが伝わってきます。
今回のおもてなし料理は、ゲストにとってもCuisineさんにとっても
特別な物だったのですね。
お料理の上手下手には、持って生まれたセンスがあると思います。
でも、もし、このお料理がヘタクソで、ありきたりなお料理であったとしても
やっぱり、これは「ずっと食べ続けていたいお料理」だったのでしょう。
慣れない異国での生活、色々と楽しい事も、ご苦労もあったことと思います。
長い間、お疲れ様でした★
2007/11/14(水) 14:33:10 | URL | りぼんねこ #-[ 編集]
幸せな時間
今晩は、このお料理を拝見して、お食事にでも行かれたのかと思いましたが、
Cuisineさんが作られたのだと、ブログを読んでわかりv-405 本当に凄いと感心しました。
こんなおもてなしをされたら最高に嬉しいですね。v-10 
Cuisineさんのお料理のセンスの良さにと
プロなみの腕に本当に凄いねと・・・
よく彼と話題になります。

彼からの要望でこんな風にして欲しいと言割れますが・・・
お料理教室に通わなくてはいけないのかなと
思いました。
どうしたらこんな風になれるのでしょう!


2007/11/14(水) 00:59:00 | URL | かのんノン #-[ 編集]
最高のおもてなし
私は、手作りで何かを送ることが苦手です。
感謝の気持ちこめて、こんなステキなおもてなしが出来るなんてとてもうらやましいです。
私は、海外旅行をしているときに転職を決意したことや、長期出張で滞在していた国で、日本ではないのに紅白歌合戦をみながら年越しそばを食べたことや現地で出会った人たちのことは今も記憶にしっかりと刻み込まれています。
日本にいると同僚と年越しそばを一緒に食べるという経験は出来なかったと思います。きっと日本で食べるおそばの方が材料がそろうのでおいしいのでしょうが、私にとっては特別な年越しそばでした。
海外でお金を出せばおいしいものが食べられますが、手料理を食べることなんて、めったに出来ません。
しかもフルコースだなんて・・・
こんな贅沢はありません。
最高のおもてなしですね♪
2007/11/12(月) 14:12:04 | URL | stilografica #-[ 編集]
わ~♪どっかのレストランみたいですね~^^
我が家も友人を呼んでおもてなしはするのですが
どうしても「居酒屋」チックなメニューになります(+_+;)
大酒飲みが多いから、ついついお酒のアテが多くなるんですよね。
こんなオシャレな料理でおもてなししてみたいものです☆
2007/11/11(日) 17:54:50 | URL | ちゃちゃまんぼう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/141-47c85e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。