レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



ローストビーフの美味いものは本当においしいですね。
しかしアレはその牛肉自体が上質で旨みがあるからではないでしょうか。
ホテルのバイキングで「ちょっとコレは?」という代物に出会うこともしばしば有ります。

安いお肉でもその加工法によって旨みを出し、しかも保存期間を長くできるという意味では焼豚に軍配があがるのではないでしょうか。

今日のレシピは やわらか煮豚 です。

煮豚4

煮豚1
用意するのは以下の材料

豚肉肩ロース
ネギの青い部分
生姜のスライス2枚

まず豚肉ですが肉の旨みと程よい脂身のバランスでは肩ロースが一番のオススメです。一方、バラ肉だと脂のうまみを食べるということになりますし、モモ肉は脂身が苦手という方に良いですね。

次に薬味ですが八角を入れると一気に中華っぽくなりますし、好みでニンニクを入れる方もいます。
煮豚2でも僕は煮豚を「和のお惣菜」だと考えているので八角を使わないようにしています。


左の写真は沸騰しているお湯に豚肉を入れて余計な脂分や汚れを落とすという第一工程です。1分ぐらいで鍋から出して、熱湯は捨ててしまいます。

ここで煮込んでしまうと旨みが熱湯に逃げてしまうので要注意です。

キレイにした鍋に豚肉を戻し、醤油1:清酒1の割合のチャーシュー汁(煮汁)と同量の水をネギと生姜のスライスと一緒に入れて煮込み始めます。
煮豚3豚肉がひたひたになる量の煮汁となると相当な量の醤油とお酒が必要になります。僕は煮汁を豚肉の1/4の高さまで入れたら水をもう1/4入れて合計で豚肉の半分の高さになるようにしています。

ですから底が広い鍋はあまり経済的ではないですね。豚肉の大きさを考慮して鍋の大きさを選んでくださいね。

あとは弱めの中火でアクが出たら取り除き、途中で何度か豚肉をひっくり返しながら煮込みます。先ほど豚肉の1/2の高さまで浸したのは、この段階でひっくり返しながら煮込むからです。そうすれば全部が煮汁に浸らなくても表面全体に味が染みわたりますから。

途中から弱火にして1時間ぐらい煮込みます。あまり短い時間だと肉の組織がまだ硬いままなのでやわらかくするには僕は様子を見ながら1時間程度煮込んでいます。

煮込みが終わったら火を消し鍋にふたをして時々豚肉をひっくり返しながら煮汁をゆっくりと染み込ませます。

今のような寒い時期にはキッチンの片隅に置いておくと次の朝には脂肪分(これはラードなので他の料理に再利用できます)が白く表面に固まっていますのでスプーンで取り除きます。

煮豚は手のかからない料理でそのまま食べても美味しいですし、一度作ると色々な料理に応用がききます。

煮豚はラーメン、チャーハン、それから白菜と重ね煮にしても美味しいですね。お正月のおせちにもいいですね。

美味しいラーメン屋さんには少なくなっては醤油を足し、長い間に熟成されたチャーシュー汁があります。家庭ではそこまでしなくても他の料理に使い切ってしまえば良いと思います。

煮汁の残りはラーメンのたれになります。チャーハンの最後に少し入れるだけで旨みがアップします。肉じゃがに使っても良いでしょう。ラードはチャーハンを炒めるのに使えます。

このように煮豚は何から何まで使い切ることができる万能のお惣菜なのです。
豚肉が安かったら、是非どうぞ。

煮豚5

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
>CahoさんへCuisineより
Cahoさん、はじめまして。
コメントをいただいていたのに長い間気付かず申し訳ありませんでした。

ル・クルゼで作られたんですね。
圧力鍋に近い効果を得られたのでより柔らかくなったのだと思います。お役に立ててとてもうれしいです。
2010/05/07(金) 06:33:48 | URL | >Cahoさんへ #-[ 編集]
とっても美味しく出来ました
煮豚って初めて作りました。
硬くなっちゃったら嫌だなーと思っていたのですが、レシピ通りに作ったら、ふわふわに出来ました。
お鍋はル・クルゼでやってみました。
他のレシピも作ってみまーす。
本当にありがとう!!
2010/04/02(金) 20:20:29 | URL | Caho #V5r2zr4M[ 編集]
いやぁ!!ふんふん・・・匂いがしてきそうな・・・これ!使わせていただきます。ラードの使い道まで・・・ありがとうございました
2006/03/28(火) 01:12:07 | URL | もなもなか #-[ 編集]
>ゆずさんへCuisineより
いつもコメントありがとうございます。

このレシピでは醤油のしょっぱさが出ますのでご承知の程を。甘さが欲しければやはりみりんを少しだけ。でも、そうすると焦げやすくなるので気をつけてくださいね。
2006/01/23(月) 02:43:46 | URL | >ゆずさんへ #-[ 編集]
>大阪よりさんへCuisineより
八角の香りは中華街に行くと嗅げます。絶対に今までの人生で嗅いだ事のある香りです。それはコーヒーにシナモンが入っていると「ああ、シナモンってこんな香りなんだよね~」ってあらためて想うのと同じです。シナモンにはシナモンにしか出せない香りがあるように八角には八角の独特の香りがあります。
2006/01/23(月) 02:40:03 | URL | >大阪よりさんへ #-[ 編集]
煮豚
我が家じゃ、煮豚は弟の大好物として、冷蔵庫に常に常備されていますが、なんか市販のものって食べる気が起こらなくて。
でも、これなら食べられそうなので、今度作ってみます(^^)

2006/01/23(月) 00:15:51 | URL | ゆず #-[ 編集]
いつもおいしそうですね!
「八角」って何?
何も知らない私はインターネット検索してみました。

八角茴香は、甘い香りを持つ東洋のスパイスです。豚肉や川魚の臭みを消すので、中国料理には、欠かせません。豚の角煮、魚の揚げ物、杏仁豆腐のシロップの香り着けなどに使います。香りが強いので、小片1~2片でよい、と。「八角」は、また、薬用にも使われる。胃腸の働きを活発にし、新陳代謝を高める効果があると言われている。駆風、胃弱、風邪、咳止めなどに使われる。駆風薬というのは、胃腸内にたまったガスを排出させ、ガスによる圧迫感を除く薬物のことをいう。おもに精油や辛味成分を含む生薬などが用いられる。芳香をもち,刺激性のある物質は,嗅覚と味覚を介して反射的に、または直接胃粘膜を刺激し、胃の分泌機能を促進したり、胃腸管の運動を亢進する。胃腸管の運動の亢進により,たまったガスは体外に排出される。


しかし、こんな文章を読んでも、どんな味がするのか謎だわ。いつか「八角」が入った食べ物を食べないと・・・
2006/01/22(日) 23:48:41 | URL | 大阪より #-[ 編集]
>ごんたさんへCuisineより
チャーハン派のごんたさん、いつもコメントありがとうございます。

チャーハンの仕上げに煮汁を少し入れると醤油の香ばしさが出て幸せな気分になれます。

ピラフ、パエリアは面倒さの割にチャーハンほど「食欲をそそる」ものではないですね。同意します。
2006/01/22(日) 12:19:52 | URL | >ごんたさんへ #-[ 編集]
ごんたです

煮豚ですか
レシピを読んでると、普段ほとんどキッチンに立たない(正しくないです 皿洗いには立ちます 料理をしないという意味で)自分も、休みの日にゆっくり作ってみようかなぁ、なんて思っちゃいますね

煮豚そのものよりも、煮汁を仕上げに使ったチャーハン(もちろん、ラードも使って、煮豚も刻んで入れますが)に興味をそそられます

自分は断然、ピラフ・パエリアよりもチャーハン派です!
2006/01/20(金) 17:29:30 | URL | ごんた #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/23-0e2ce111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。