レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



皆さんはどんなハンバーグが好きですか?

パン粉を牛乳で湿らせて混ぜこんで、
玉ねぎは飴色になるまで炒める、いやいや生のまま?
ひき肉の牛肉と豚肉の割合は7:3?それとも100%牛肉派?
ソースはコクのあるドミグラス、おろしポン酢でさっぱり...

僕はそういう日本のハンバーグの作り方から味まで全てが好きです。
ところが今まで日本以外でそういう美味しいハンバーグに出合った事はありませんでしたが....

運良く最近まっとうなハンバーグに出会うことができました。

コールバー(COL BAR)の ハンバーグ&チップス です。

ハンバーグ

ああ、もうこのハンバーグの焼き色、このブラウンソースの味、たまらない。
目玉焼きを見てください。まわりに焼き色がついているでしょう。キチンと多めのサラダ油を使って調理しないとこのような「パンフライド目玉焼き」にはなりません。
フレンチフライの事をイギリスでは「チップス」と言います。このチップスはゴロゴロ大きくて店の人が朝からポテトをシャトー剥きしたのが分かります。
玉ねぎの炒めたのがあるでしょ。これはいつもはグリーンピースを茹でたものなんだけど、今日は奥の方にあるライスを注文したので玉ねぎにかえてもらったわけ。

このようにコールバーは当たり前のことを当たり前にやっているまっとうな店なんです。

チキンカリー
←コレは(サックスプレイヤー)ステが注文したチキンカレーならぬ「カリーチキン」、看板料理です。

煮込んだ野菜が溶け込んでそれをまたちゃんと漉してある

これにチップスを別に頼んで冷えたビールってーのも最高です。


コールバーは元は軍隊の基地だった所の近くにあります。
昔は「ミルクバー」だったとか...
それを家屋丸ごと現在の場所に移動したそうです。

まわりはこのように緑に囲まれ、エアコンもないただの屋根がついたオープンエアの場所、コンクリートの地面の上にテーブルと安物のパイプ椅子。屋内の壁には地元サッカーチームの写真。コールバーの横には大きな木があり、そこには枝からぶらさがった古タイヤで作ったブランコ...古きよき時代の臭いがプンプンです♪

土曜日の昼時はどこから集まってくるのか欧米人で賑わいます。フィッシュ&チップスも美味しそう。
F&チップスゆうこ
COLBARCOLBAR2

(ソプラノ歌手)ゆう子がこの店の歴史が書かれたボードを見ています。
小さな身体でよく食べてました。歌手は体力勝負ですからね。

マンジャーレ、カンターレ!!(食べて、歌う)そのものです。

ステは北イタリア生まれ。彼いわくイタリア人は家族の結びつきが強く、週末になるとこのコールバーで集う人々のように集まり食べ歌う(踊る?かも)そうです。

天丼の話題の時のおばさんの店のように明らかにコールバーは無くなって欲しくない店のひとつです。

結婚式の二次会、草サッカーの試合の打ち上げ、昼下がりに文庫本片手に冷えたビールにチップス...

どれもこれもコールバーならできる幸せな瞬間です。

P.S. コールバー(COL BAR)の正確な場所を知りたい方はコメントでお尋ねください。

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
外で食べるって
開放的で私は大好き。あの日は天気も良かったし(あ、この時期のシンガポールはいつもそうでした・・・)。ほんと、立地が最高でした!ハンバーグに目玉焼き、私のプレートはまるでお子様ランチだけど、ボリューム満点でシンプル、とってもおいしかったです。シンガポールだから、みんなに気軽に訪れてもらえないのが残念。なんで、日本にはこういうところがあまりないのでしょうか?私はイタリアにいた頃、アパートの傾いた小さなバルコニーに台所からテーブルと椅子をせっせと運んでは朝食・昼食・ティータイム・夕食を楽しんでました。一人暮らしで、部屋に閉じこもって食べるのはなんだか淋しくて、でもこうして外で食べるだけで食欲が湧いてきて。でもシンガポールのように消毒がないので、蚊の季節にはできませんでした。イタリアの蚊は大きくて痛いですよ。3年前の跡が消えません。
2006/04/02(日) 16:07:46 | URL | Yuko & Ste #-[ 編集]
>もなもなかさんへCuisineより
お返事遅くなってすいません。

へー、バターで焼くんですか。焼いてる後半は焦がしバターのようになって香ばしさがでるかも。それにトマトソースにすればサッパリ感が出て美味しく食べられるものね。

春よ来い!ですね
2006/03/09(木) 00:07:32 | URL | >もなもなかさんへ #-[ 編集]
>おのぼりさんさんへCuisineより
え~、もしかして水のままハンバーグの種を煮るのですか?まさに煮込みハンバーグですね。もしかして焼いてから煮るという意味?

確かに煮込みハンバーグは火のとおりぐらいを気にせず出来ますから良いですね。参考にさせていただきます。
2006/03/08(水) 23:59:10 | URL | >おのぼりさんさんへ #-[ 編集]
うちのハンバーグはママの味
私の母のハンバーグは煮込みはハンバーグで牛・豚混合比5:5です。
母から教えてもらったレシピは、ちょっと深めのお鍋にタネを入れ、お水を多めにいれてコンソメを1から1個半(分量によっていろいろ)いれてぐつぐつ煮ます。
プラス、ケチャップとソースを入れ分煮込むととってもおいしい煮込みハンバーグの出来上がりです。
これだと、ちょっと厚いタネになっても中まで火が通ったかな?どうかな?なんていう心配もなく、味を見ながらいろいろ足せるので大雑把な私にはとっておきレシピです。
2006/03/07(火) 22:57:20 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
v-238ハンバーグの肉の割合は・・・・半々か、もしくは、牛のみですねぇ・・・タップリのバターで焼きまして、トマトソースで煮込んだ、煮込みハンバーグが好きv-236札幌の今年の雪解け予報は、3月27日ですってv-237去年よりも、3日早いそうです・・・
春よ!!来い!!
2006/03/07(火) 20:33:00 | URL | もなもなか #-[ 編集]
>ゆずさんへCuisineより
ゆずさんのキムチ鍋拝見しました。美味しそうですね。

日本はそろそろ春ですね。鍋の季節からお花見の季節へ。筍、春菊など春野菜の先物が出てきてますよね、恐らく日本では...こちらは季節感がないので日本が懐かしいです。
2006/03/07(火) 11:38:32 | URL | >ゆずさんへ #-[ 編集]
あー!
ああ。昨日一瞬、ハンバーグ作ろうかと思い立ったんですが、キムチ鍋の誘惑に負けました。でも、ここで新たな誘惑が・・・これなら昨日作っておけばよかったと、ちょっと後悔気味です。
2006/03/07(火) 11:18:48 | URL | ゆず #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/38-d033354d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
1月の末にも作ったんですが、今回は、『藤の間』のWisteria X2さんと、『レシピ気ままにSelfish』のCuisineさんのBlogに触発され、衝動的にハンバーグを作りました。見よ、このジューシーさ
2006/03/08(水) 21:34:17 | 今日の『ごちそうさま』レシピ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。