レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



中華の麺類ってときどき無性に食べたくなりますよね。

ラーメン、チャーシューメン、タンメン坦々麺 ...

うーん、夜に食べたくなったりしたらもう大変ですね。
そんな中華麺類における影の実力者、それは

炸醤麺(ジャージャー麺) です。

炸醤麺

妻に誘われチャイナタウンにやって来ました。

お目当ては小籠包(ショウロンポウ)で有名な『京華小吃』という店。
メニューは少数精鋭という趣き。お客さんには日本人が多いです。

ひと通りオーダーを済ませ5分ほど待つと最初に出てきたのが上のジャージャー麺
モヤシに他の野菜をさっと湯がいて、麺と合わせ、あらかじめ作ってあった肉味噌あんを上からかけるというシンプルな調理法。店の片隅にジャージャー麺コーナーがあってそこで作ってました。ある意味、ジャージャー麺だけはオープンキッチンです。

そして下は『搾菜肉絲麺』というザーサイと豚肉の細切り炒めをかけたつゆそばです。スープは酸辣湯(サンラータン)程ではないけど酢の酸味が利いています。

北京風の麺は細いうどんに近い小麦粉麺です。日本人にはあまり向かない麺と言われていますが、どうですか?美味しそうでしょ!僕は全然好きです。

ザーサイ麺麺
小龍包
そして名物の小龍包...

この店のは皮がゆったりとしていて箸でつまんで持ち上げようとすると「ビヨ~ン」と伸びて皮を破れてせっかくの中の肉汁スープが出てしまいますので注意、注意。レンゲで下から支える、コレ基本です。

小龍包は肉のスープを冷蔵してゼリー状に固め肉あんと一緒に皮で包み、再度蒸すとゼリーが溶けるんだぜ!!って以前にイギリス人に説明された事があります。「そんな事知ってるよ。」って言いたかったけど「ああ、英語でこう言えばいいんだ~」と妙に納得してしまった僕...
麻雀焼き餃子

左上は店内の風景ではありません、あしからず。
中華街では「麻雀屋さん」が多いんです。これはこっそり中を覗いてカメラで隠し撮りの瞬間。気づかれたら写真なんか撮ったら風水的に運が落ちるって叱られそうです。

右上と下は焼き餃子。包み込む感じではなく中の餡が見えてしまっています。でもね~、これが最高に「ん~まい」でした。小龍包が中のスープを楽しむものなら、この焼き餃子は皮のパリパリ感を楽しむもの。冷えたビールとの相性は言わずもがな。

僕は中華料理を食べるのも作るのも好きで食材とか調理法とか話し出したら結構長いんです。だから書き足らない事が今回はいっぱい。でも最後にひとつだけ...

上の北京麺って特徴的ですよね。屋台で売っていてもすぐに見分けがつきます。僕は北京麺を出す店に出会うと反射的にお店の女性従業員を見てしまいます。

そのわけは...以下、僕の同僚(中国人)の言葉です。

「北京麺を見たら店の女性を見てごらん。中国の北部からやってきた女性は美しいから...」

いいえ、家庭でも会社でも働く女性はみな美しい。

南も北も同じです d(^0^)b グッ!

ビールと餃子
スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
疲れているのか??全く気づきませんでした。。。
やっぱり会社で見るのは辞めよう。
関西人の血がさわがずとも、次回は~と燃えているおのぼりさんであった・・・
2006/03/25(土) 00:30:47 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
>おのぼりさんさんへCuisineより
すぐに変えましたよ、フォント。

フォントにフォントが変えてある~、フォントにありがとうございましたと言うぐらいの駄洒落で次回はよろしく。
2006/03/25(土) 00:14:20 | URL | >おのぼりさんさんへ #-[ 編集]
ホントにフォントが変えてある!
どうもありがとうございます(笑)
今日は会社から初アクセスです。
リアルタイミングですね(笑)
2006/03/24(金) 22:52:20 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
>おのぼりさんさんへCuisineより
そーなんですよ。一回冷やすんです。

そんなこと、家庭では手間がかかるからかなり難しいですよね。

ご希望どおり太いピンクのフォントに変えておきました。次回もよろしく。
2006/03/21(火) 23:28:00 | URL | >おのぼりさんさんへ #-[ 編集]
>ゴマさんへCuisineより
コメントありがとうございます。
ゴマさんのサイトにおじゃましました。
とてもキチンとレシピを載せてらっしゃいますね。見習わなければ。僕は感覚で料理を作る方なので大さじ何杯というのは正直言って苦手なんです。それにお店の料理の場合は自分で調理した訳じゃないのでレシピのせられないし。

でも次回はレシピの予定です。
今後ともよろしくお願いします。
2006/03/21(火) 23:24:15 | URL | >ゴマさんへ #-[ 編集]
おいしそう!
そうなの??小龍包ってそうやってつくるんだ~。だからあんなに汁が・・・どうやったらあんなに肉汁がでるんだろう??ってずーーーっと思っていました。
へーーー(←久しぶりで懐かしい)
ですね(^ ^)
ジャージャー麺など、ホントおいしそう♪
ラーメン&炒め物&包み物好きにはたまりませんなあ。
誰も言ってくれない私のために
「家庭でも会社でも働く女性はみな美しい。」
のところを太い、大きいフォントでお願いします(笑)(^ ^);
2006/03/21(火) 21:32:35 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
はじめまして!ゴマと申します。
いつもおいしそうだな~っと拝見していたのですが、小龍包と焼き餃子を見て我慢できなくなりました!あつあつスープで火傷してみたいぜ!ってかんじです!
2006/03/20(月) 23:45:45 | URL | ゴマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/42-aa4c115a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。