レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



今日はとっておきのフレッシュジュースのレシピをご紹介します。
おそらくネット上でもこのジュースのレシピはかなり少ないと思います。

南国の魅惑の香り、ビタミンたっぷりの果実

パッションフルーツのジュースです。

どうですか、このオレンジ色の濃厚さ。
近づくと甘酸っぱい鼻腔をくすぐる官能的な香りがします。
PF5

生のパッションフルーツって見たことありますか?
日本でもある店に行けばあるし、ジュースだって飲む事ができると思います。
パッション味のアイスキャンディなんかが一番身近なのかもしれません。

  コレ↓がパッションフルーツを切ったところ。
PF1ステ
コレ↑はサックス奏者ステファノ(いけめん)

中は種ばっかりで種のまわりのオレンジ色の果肉から果汁をしぼり出すんです。

どうやって...?

柔らかい種なのでミキサーを使うと種が割れて大変な事になってしまいます。

だから...こうやって
PF3受け皿の上に漉し網(味噌汁を作るときの味噌漉しが最適)をのせて、そんでもって...

左のフォトではスプーンを使っていますが、指三本の腹で少しずつ漉し網に果肉をこすりつけるようにして果汁を搾り落としていきます。

これがけっこう地道で一番大変な作業ですね。なにしろ1個のパッションFから15ccぐらいとれれば良い方ですから、貴重な果汁です。これでもかっていうぐらい搾り出してください。

僕はこの作業を我が家に滞在中のゆう子&ステ(上のフォト)が動物園に行っている間にやっていたのであります。パチパチ(拍手!)
PF4
←コレが搾り出てきた果汁。

このあとに水1:砂糖1(水100ccに対し砂糖100g)で一度沸騰させたガムシロップで甘味をつけたのがジュースになるのですが、

甘くする前のこれをブレーンのバニラアイスクリームにかけたらもう最高です。さらにディタかコワントロのリキュールを少し香りつけに...

世の男性のみなさん、それをホワイトデーで彼女に出せばたぶん恐らく全てうまくいくと思いますよ。

僕がパッションフルーツのジュースを初めて飲んだのは学生の時アルバイトをしていたとあるフルーツパーラーで試飲させてもらった時のこと。疲れていた身体にまさに

「しみわたる...」

こんな美味しい飲み物が世の中にあったのかと思うぐらい衝撃的でした。

バイトの仕事にも慣れてカウンターの中でジュースを作ってお客様に出すようになった時の事。カウンター越しの目の前の席にそれはそれは上品でキレイな女性が座ったのです。その女性はその店の店長さんの彼女でした。

その店長さんはジュースを作らせたらその店ではもちろん一番という人。それでも店長は僕に彼女の相手をさせるんです。店長と彼女の仲、僕が新米だという事、彼女を含めて全部知っての事です。
おすすめのジュースを聞かれた僕は迷わずパッションフルーツのジュースを薦めました。

氷を入れたシェイカーで冷やしたジュースを飲んだ彼女は一呼吸おいた後、一度店長の顔を見た後に視線を僕の方に移して

「お い し い ...」

やさしく微笑みました。

今でもこの甘酸っぱいパッションフルーツのジュースを作るたびにあの時の光景が目に浮かびます...

PF6


スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
染みる味
私たちがナイトサファリを楽しんでいた間に、ほんとに大変なジュースをありがとう!でも、パッションフルーツなんて中学生の時にジェラート屋さんで食べて「これはコーンに合わない!!!」と思って以来、二度と口にする事はなかったのに、Cuisineさんご夫妻のおかげで大好きになりました。さわやかで甘くてほんのり酸っぱくておいしかったー。
2006/04/02(日) 16:12:50 | URL | Yuko & Ste #-[ 編集]
>ponzuさんへCuisineより
わかりました。TBトライしてみます。でみ、今仕事中なので帰ってからやります。わざわざお知らせありがとうございました。
2006/03/14(火) 13:04:09 | URL | >ponzuさんへ #-[ 編集]
cusineさん、こんにちわ。

とりあえずもう一度確認してみたんですが、文中リンクがあればどのブログからでもTBが貼れるようです。。

すいません。。
たぶん大丈夫だと思うので、トライしてみてください。

本当、cusineさんの写真惚れ惚れです~~!
2006/03/13(月) 15:49:09 | URL | ponzu #-[ 編集]
>ponzuさんへCuisineより
コメントありがとうございました。

ブログを拝見するとponzuさん、お忙しそうですね。

大根餅のTB、残念でした。リンクだけはらせていただきます。
2006/03/12(日) 13:56:23 | URL | >ponzuさんへ #-[ 編集]
写真がとても美しい!!ですね!
見ていて食欲をそそられます。

色々アジア系のお料理もいっぱい
ありそうなので、今からまた
じっくり読ませていただきます!
2006/03/12(日) 09:01:27 | URL | ponzu #-[ 編集]
>ribonnekoさんへCuisineより
そのようなお願いならこちらからお願いしたいぐらいです。
僕の方からもリンクしちゃいました。

今後ともヨロシクv-274
2006/03/11(土) 08:14:07 | URL | >ribonnekoさんへ #-[ 編集]
お願い☆
<こちらのブログを私の拙いブログにリンクさせて頂きたいと思います
<もし不都合ありましたら、ご連絡下さい 今後もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m りぼんねこ拝v-22
2006/03/11(土) 07:14:25 | URL | ribonneko #-[ 編集]
>おのぼりさんさんへCuisineより
水1:砂糖1はふつうのガムシロップの甘さぐらいではないでしょうか。パッションフルーツ自体に甘さが全くなくて、甘味がないとちょっとキツいです。使うのはほんの大さじ1、2杯ですので全体としては甘くないはずです。是非一度。
2006/03/10(金) 19:06:13 | URL | >おのぼりさんさんへ #-[ 編集]
おいしそう~
いつかごちそうになりたいです。
水と砂糖1:1って結構砂糖を使うのですね。
食事って結構いろいろな思い出がきますよね。
やっぱり、ご飯っていろ~んな意味で大事ですよね☆
2006/03/09(木) 23:05:14 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
>ribonnekoさんへ
コメントありがとうございました。「洋書の料理本」だなんて、そんなかっこ良くないですよv-11でも最高の褒め言葉です。俄然やる気が出てきました。ribonnekoさんのブログにも時間を見てお邪魔させていただきます。今後ともヨロシクお願いします。
2006/03/09(木) 00:02:42 | URL | >ribonnekoさんへ #-[ 編集]
はじめまして
<新着から見に来ました
<最初の記事からざっと目を通させていただきましたが、食器から写真のアングルまで美意識と料理への愛情が伝わってくるよう
まるで洋書の料理BOOKを見ているみたい!又遊びに来ます。次は何が見られるのか楽しみにしていますね★
2006/03/08(水) 17:02:48 | URL | ribonneko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/43-7a6dc2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。