レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



しい家にはシンプルで立派なオーブンがあります。
きっとコレはパンを焼く研究をしなさいという料理の神様の導きかもしれない。
キッシュは昔何度か焼きました。僕の焼くキッシュは自分でも気に入ってます。本格派ではないけれど家庭的なキッシュ。

だから近いうちにキッシュをこのオーブンで焼いてみようかな。
その次にパンかなぁと思ってます。

でもその前に ベシャメルとトマトのカネロニ を作ってみました。

ベシャメルとトマトのカネロニ2

なかなか美味しそうに出来ました。
気を使った点はラザニアのように全体が重くならないようにひき肉の代わりにカリカリに炒めたベーコンをベシャメルソースに混ぜ、逆にヴォリュームを出すためにトマトソースに茹でたひよこ豆を入れました。

カネロニは下にフォトを撮っておきましたが、ゴムホースのようなパスタです。
たいていは中に詰め物をしてオーブンで焼きます。
茹でるとペッタンコになるので中に詰めるのが大変!!
茹でたらサラダオイルをふって、くっつかないように早めに詰め物をしました。
扱いにくいパスタの一番じゃないかと思います。
でも上手く出来たらお客様に出せるパスタのナンバーワンになれるんじゃないかな。

カネロニ
レリーギというパスタもあります。同じくゴムホース形でカネロニより短いので詰め物もやりやすいです。さて、カネロニの中にベシャメルソースを流し込むのですが本当ですと生クリームの絞り袋を使うのですが今回はビニール袋の下の隅を切ってやりました。使い捨てで絞り袋に匂いが付かないので大成功です。

◆ベシャメルとトマトソースのカネロニのレシピ

(材料)カネロニ、トマトソースホワイトソース、ひよこ豆、ベーコン、マッシュルーム、オリーブオイル

1)ひよこ豆を水で戻し、塩水からゆっくりと茹でてた後にトマトーソースと合わせて煮込んでおく。
2)茹でたカネロニをパットにあけてくっつかないようにオリーブオイルをふっておく。
炒めたベーコンとマッシュルームを合わせたホワイトソースをカネロニに詰める。
4)お皿にカネロニ、トマトソース、粉チーズの順に重ね180℃のオーブンで10分で出来上がり。
ベシャメルとトマトのカネロニ3トマトソース

色い小さなオーブンが僕の生まれ育った家にはありました。冷蔵庫の横の棚の上に置かれたそのオーブンは裏からガスのホースが伸び、前面には温度とタイマーのつまみがあるだけのシンプルなもの。黒いボタンを押すと中の電球がついて焼き具合が見えました。子供の頃の僕は夕飯の後のテレビ番組がつまらない時なんかに台所に行って用も無いのにその黒いボタンをつけたり消したりして遊んでました。

実はそのオーブンは僕の姉が親にねだって買ってもらったもの。
買った当時は張り切ってシュークリームを作って僕らに食べさせてくれました。
シュークリームは皮が難しいようです。食べなれた不二家のものよりなんだか硬かったんですが姉には無理やり「おいしい・・・」と言わざるおえなくて...。

オーブンっておそらく大昔はどこも石釜の中で薪で焼いていたんでしょうね。家庭だと暖炉のマントルピースがその代わりだったんじゃないかと想像します。今の(特に日本製の)オーブンは機能がありすぎてとっつきづらいです。途中でファンが回りだすモードなんていらないんじゃないかって思うのは私だけでしょうか。

僕がやりやすいなと思うオーブンはやはり温度設定とタイマー(それもデジタル表示じゃなくてつまみを回すだけ)があるだけの昔ながらのタイプ。今のうちのオーブンはまさにそれです(ガッツポーズ)。

慣れないうちはオーブンの「くせ」が分らなくて失敗もするでしょうが、いつか不二家に勝る味のシュークリームを作ってみたい。

さあ、本屋さんに行ってパン焼きの本でも買ってこようかなぁ...

ベシャメルとトマトのカネロニ

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



コメント
この記事へのコメント
>さおりさんへCuisineより
僕もさおりさんと同じように
大きなガスオーブンも使いづらい
オーブンレンジも体験しています。
大きいことはいいことですね。
それとオーブンレンジは電子レンジと兼用というところがどうもイマイチです。中途半端ですね。小さくとも単独であったほうがいい、そう思います。
2007/02/17(土) 12:59:42 | URL | >さおりさんへ #-[ 編集]
>あまんさんへCuisineより
カネロニ手ごわいです。
ほっとくとくっつちゃうんです、
隣同士のカネロニが...(汗)

しか~しまだ熱いうちにやればOKです。しかしまあ、ソースも作んなきゃいけないので面倒な料理ですね。

パンは焼いてみたい。
そしてブログにのっけるのを楽しみにしています。
2007/02/17(土) 12:56:45 | URL | >あまんさんへ #-[ 編集]
他の調理器具もそうですが、オーブンはちゃんとしたのを買わないと、使い物にならないですね。
うちは台所が狭く、オーブンラックも小さい。
仕方なく小型のオーブンレンジを置いて使っているのですが、不満続出です。
(昔実家にあった、10万の大型ガスオーブンと比べてしまいます。昔はそれしか売ってなかった)
小型の安いものでしたが、電気オーブンはまだ使えました。
トースターよりやや大きいくらいだったのですが、置き場に困って処分。後で後悔しました。。
カネロニ、ひよこ豆、田舎に住んでいると、なかなか材料が手に入りません。
街に出たとき、大きなスーパー等で、探してみます。
保存がきくので、便利そうですね。
2007/02/15(木) 12:10:03 | URL | さおり #qZNchAr.[ 編集]
私もカネロニって初めてです。
詰め物をするんですね。
う~~~ん手先の器用さがもとめられるのですね。ってことはわたしにはムリっぽいですね。

こんどはパンあくなき探求でどんなパンがUPされるか楽しみです。
2007/02/13(火) 22:46:29 | URL | あまん #-[ 編集]
>りぼんねこさんへCuisineより
カネロニは大変でした。ほっておくとくっついてしまうので早いうちに詰めないと、でもまだ熱いし。

中学校のころのりぼんねこさんはどんなだったんだろう。もうすぐバレンタインデー。クッキー焼いてたんでしょうか。

もうあの黄色のオーブンはありません、両親が他界したあとに実家も処分したので。親父は僕に似て台所に立つ人だったんです。というか僕が父に似たのかな(笑)。オーブンはシンプルイズベストですな。りぼんねこさんのオーブン、いつまでも現役でいられますようにv-7
2007/02/13(火) 01:08:33 | URL | >りぼんねこさんへ #-[ 編集]
>おのぼりさんへCuisineより
そうです。最近は僕のブログでHTMLのテーブルで書くのに凝っているのですが、雰囲気にあうバックの色を選ぶのはなかなか難しいです。いつも無難な色にしていますが、今日はイタリア色にしてみました。褒めていただいて光栄です。
2007/02/13(火) 00:57:32 | URL | >おのぼりさんへ #-[ 編集]
>ITCさんへCuisineより
えっ、生徒さんにまでご紹介してくださったんですね。一眼レフに変えてから宝の持ち腐れにならないよう、がんばって撮っております。面白いです。もっともっと構図を凝りたいのですが時間が無くてできませんv-14
2007/02/13(火) 00:54:38 | URL | >ITCさんへ #-[ 編集]
<カネロニの詰め物をするのって
手際と手先に器用さを要求されるのでしょうね。
興味はあるけれど、私には出来なさそうですね、コレは(^^;)

Cuisineさんの実家にあったオーブン、
今もあるのでしょうか?
たぶん私が使っている物は、それに近い物だと思います。
電気なんですが、温度設定のダイアルとタイマーのダイアルと上下の電熱線の切り替えがあるだけ。
私が中学入学の時に、ねだって買ってもらったものです★
いくらなんでも古過ぎるのですが、余分に何も付いていない分、使い勝手が良くて、手離せません。
Cuisineさんのお姉さんと同じように
明らかにケーキ屋さんの作る物の足元にも及ばない
シュークリームやクッキーを自慢げに焼いていましたw

きっとCuisineさんなら、飽くなき探究心と繊細さで
ケーキ屋さんよりずっと美味しいケーキが焼ける日は近いと思います(^^)
楽しみに待っていますね~ノシ
2007/02/12(月) 23:19:26 | URL | りぼんねこ #-[ 編集]
カネロニって何?何?と思っていたら、さすが!写真入りでどうもありがとうございました^ ^また、緑に背景が変わっていてオシャレです。チーズとパスタの組み合わせが大好きな私はよだれもんです(笑)
2007/02/10(土) 14:04:37 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
やはり、子供の頃からキッチンが大好きだったんですね!v-392
パスタの中に詰め物をするって、すごく手がかかって大変そうですが、ほんと、お客様には喜ばれそうですね。
そうそう!生徒さんが、Cuisineさんって、お料理もそうだけど、写真もプロみたいね!と、言っておりました(*^_^*)
2007/02/10(土) 08:51:31 | URL | ITC #C8jfVKmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/5-5ea9a74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。