レシピ気ままにSelfish
料理の味やレシピをメインにグルメ情報とおすすめ食材をアップデート!!
レシピ気ままな話題へGO!! フォトをクリックするとエントリーにジャンプします

あんかけチャーハン

塩昆布

坦々麺

肉じゃが

ふようはい

麻婆豆腐

中華粥

タンメンのレシピ

アボカドの切り方

エビのチリソース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



日本はゴールデンウイークに突入しましたね。中国もGWで今週は一斉に休みだそうです。

ブロガーの皆さんは外出派もおうちでのんびり派もブログはひと休みといったところでしょうか。

GWは心身共に、ついでに胃腸もお疲れぎみでしょうから今日は以前に撮った、

 胃にやさしい飲茶 のフォトをお届けします。

まずはふんわり香ばしい大根餅から。英語でキャロットケーキといいます。
前に玉子焼きの中に大根餅を入れるパターンを紹介しましたが、これは日本でも食べられる普通の大根餅ですね。

大根餅

飲茶は「点心」とも言いますが英語ではDim Sum(ディム・サム)と呼びます。こちらでは点心の「点」が難しい漢字になってますが漢字が似てるのでお店の看板を見れば見分けはつくと思います。

でもオーダーするときは「ヤムチャ」と言ってもたぶんおそらく通じないと思いますので「ディムサム」という言葉、憶えておいた方が良いかもしれません。

こちらでは香港のようにカートにのっけてまわってくるスタイルは少なく「ディムサム メニュー プリーズ」と言ってメニューを見てオーダーするお店がほとんどです。

中華粥

そうこう言ってる間に中華粥がやってきました。お粥は飲茶っぽくないのですが飲茶のメニューには必ずと言ってよいほど中華粥があります。

これは一緒に行ったI さんがオーダーした中華粥なのですがお願いしてひと口味見させてもらいました。コクがあって少し塩味多め、美味しいです。中華粥は僕の好きな料理なのでたまに外で味見して自分の味を安定させねば。

下は「腸粉」といって(ネット調べ。僕も名前知らずに食べてました)お米の粉で出来た皮で海老を包んだもの。これもやさしい味で胃にやさしそうです。

点心

中国の人は粉を練って、打って、伸ばして、切って、巻いて、包んで、蒸して、茹でて、焼いて、揚げて...粉を使う料理については日本人のはるか上を行っていると思います。それに飲茶は蒸し料理が多いので油の量も少ない上に中国茶を飲むわけですから本当にヘルシー。

周りを見渡すとお爺ちゃんお婆ちゃん、父さん母さん、そして子供と3世代のテーブルの多いこと。休みの日のお昼に普段は離れて暮らしている家族がお店に集まってテーブルを囲んで飲茶を楽しんでいるようです。野菜のおかずと白いご飯も別に頼めば一人1000円もかからない。経済的に合理的にそして健康的に楽しむ方法を彼らは知っています。

最後に僕の好きなエビと玉子のフォーファンです。フォーファンはお米の粉で出来たきしめんのように平べったい麺。これがまた「プリッ、モチッ」としてて食感がたまらない。いつかこんな風に粉を使った中華料理を極めたいものです。

いや、でも外に食べに行った方が早いかな...中国の人みたいに。

フォーファン

スポンサーサイト

人気ブログランキングに
参加しています。

皆様のひとポチ↑が励みになります



テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
>もなもなかさんへCuisineより
こちらのエビのプリプリぶりは尋常ではないですよ。ほんとに飲茶のエビはどこに行ってもプリプリです。

片栗粉であんかけっていつも美味しそうですよね。僕も大好きです。
2006/05/07(日) 03:58:22 | URL | >もなもなかさんへ #-[ 編集]
いやぁーえびの「ぷりぷり感」が・・・たべたーいです(^^)
あんかけの優しそうな色・・・中華は、たくさんの人と、わいわいおしゃべりしながら食べれる・・・そんなオープンなお料理!!作っちゃおうかなぁ・・・
2006/05/06(土) 01:11:31 | URL | もなもなか #-[ 編集]
>おのぼりさんさんへCuisineより
実はフォーファンという呼び名は僕も自信がありません。香港のアイドルの名前みたいです。

飲茶はですね、日本でも結構あるんじゃないですか?うん、でも確かに少ないかも。日本だとホテルとか中華街になっちゃうんだと思います。

こちらはエビが安くてどこに行ってもプリプリです。
2006/05/04(木) 00:56:50 | URL | >おのぼりさんさんへ #-[ 編集]
>ゴマさんへCuisineより
このフォーファンは本当にうまいでした。あれっ、日本語がおかしい。食べにきてください。
2006/05/04(木) 00:49:56 | URL | >ゴマさんへ #-[ 編集]
外国に行くと飲茶(中華料理屋さんと呼ぶほうがよいのか??)に行くのも楽しみの一つですよね。
私も必ずこのえびのぷりっとしたフォーファン(でいいのかな?)を頼みます。
こういう飲茶形式は日本ではどこで食べることができるのでしょうか??
久しぶりにぷりっとした海老が食べたくなってきました。
2006/05/02(火) 23:23:05 | URL | おのぼりさん #-[ 編集]
どれも優しい味がしそうな品々。
確かに粉の使い方はすごいですね~。
最後のフォーファンすっごく食べてみたいです!あ~食べに行きたいっ!
2006/05/02(火) 20:31:47 | URL | ゴマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cuisine.blog36.fc2.com/tb.php/53-1b813223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。